検証法のメリット・デメリット

なんのために避難安全検証法を適用するのか、避難安全検証法を適用することによってどのようなデメリットが発生するのか、それらについて、用途毎の違い等も含めて詳しく解説します。

避難安全検証法の主なメリット・デメリット

■避難安全検証法の主なメリット
階避難安全検証法
  • 排煙設備が不要になる
  • 防煙垂れ壁が減らせる
  • 階段数を減らせる
  • 特殊な仕上材が使える
全館避難安全検証法関連
  • 屋外出口までの歩行距離の規定が除外される。
  • 物品販売業店舗の屋外出口幅の規定が除外される。
  • 竪穴区画の規定が除外される。
  • 高層区画の規定が除外される。
  • 屋外出口が減らせる
  • 屋外出口幅を小さくできる
  • 吹抜空間の自由度UP
  • シャッター等が減らせる

設計自由度の向上イニシャルコストの削減ランニングコストの削減

■避難安全検証法の主なデメリット

・告示の解釈や計算が非常に複雑で手間が掛かる。

そのため、豊富な実績と経験に基づいて業務を行う当社の避難安全検証コンサルティングをご活用することをおすすめします。

・計画を変更する度に再計算が必要になる。
 (テナントの入替や室内レイアウトの変更が多いような物件は注意が必要です。)

当社では、自社開発をした「DiPS」というソフトを使用しています。計画の変更に際しても効率的かつスピーディなレスポンスでご対応致します。

・検証結果によってはクリアさせるために設計変更が必要になる場合がある。
 (用途やプランによっては、避難安全検証を適用させた場合の方が扉や排煙設備等が増える場合もあります。)

用途による違いについては、下記の「用途別のメリット・デメリット」を参照ください。各物件毎にどのような対策が想定されるかをお知りになりたい場合は無料相談をご活用ください。

避難安全検証コンサルティングの業務の流れについてはこちらから

用途別のメリット・デメリット

物販店舗 工場・倉庫・物流センター 事務所

劇場・興行場 集合住宅・ホテル 病院・児童福祉施設

改修工事(参考)

■物販店舗

評価:◎ (極めて有効)

効果的な適用除外項目 

メリット

  • 排煙設備の規定の除外や防煙区画の規定の緩和で、コスト・計画共に効果が有ります。また、防煙垂れ壁を削減することで、地震時の防煙垂れ壁落下の危険等も回避できます。
  • 屋外への出口幅の規定を除外をすることで、避難動線もシンプルになり、外観の向上や陳列スペースを確保することができます。(平屋の建物であれば、階避難安全性能を有することを検証するだけで全館避難安全検証法と同じ項目が除外できます。)
  • 直通階段への歩行距離の規定の除外で階段の数を減らすことで、その分売場面積を確保することができます。
  • 売場面積が広く、天井高さも高いことが多いため、あまり対策をしなくても検証法がクリアし易いです。

デメリット

  • テナントの入れ替わりが多い場合等で、室用途・間仕切位置が変わると計算結果が変わってしまうため、その都度改めて検証をするという手間が掛かります。

参考事例

お悩み事例1 お悩み事例2 お悩み事例3

■工場・倉庫・物流センター

評価:◎ (極めて有効)

効果的な適用除外項目

メリット

  • 排煙設備の規定の除外や防煙区画の規定の緩和で、コスト・計画共に効果が有ります。
    また、防煙垂れ壁を削減することで、地震時の防煙垂れ壁落下の危険等も回避できます。
  • 直通階段への歩行距離の規定の除外で階段の数を減らすことで、その分レンタブル比が改善されます。
  • 室面積が広く、天井高さも高いことが多いため、あまり対策をしなくても検証法がクリアし易いです。

デメリット

  • 取扱品目によっては、告示に規定されている用途の対象外になり、避難安全検証法が適用ができない場合があります。

参考事例

お悩み事例1 お悩み事例3

■事務所

評価:○ (有効)

効果的な適用除外項目

メリット

  • 排煙設備の規定の除外や防煙区画の規定の緩和で、コスト・計画共に効果が有ります。
    また、防煙垂れ壁を削減することで、地震時の防煙垂れ壁落下の危険等も回避できます。
  • 特別避難階段の附室の規定の除外による排煙設備の除外も有効です。
  • 高層区画の除外

デメリット

  • テナントの入れ替わりが多い場合等で、室用途・間仕切位置が変わると計算結果が変わってしまうため、
    その都度改めて検証をするという手間が掛かります。

参考事例

お悩み事例1 お悩み事例3

■劇場・興行場

評価:△ (ケースによっては有効)

効果的な適用除外項目

メリット

  • 竪穴区画の規定の除外により、吹抜空間の自由度をUPさせることができます。
  • 各自治体の条例等による規定を除外できる場合があります。

デメリット

  • 竪穴区画を除外する場合は必要な対策が多くなる場合があり、計画は検討が必要な場合が多いです。
  • 客席部分が傾斜になっている場合、計算上無排煙とすることが難しいことも多いです。

参考事例

お悩み事例5

■集合住宅・ホテル

評価:× (あまり有効ではない)

メリット

  • 本来、仕様規定での告示による除外できる規定が多く、メリットが少ない。
  • 共用フロアや地下駐車場等で排煙設備の除外等に活用できる場合はあります。

デメリット

  • 設定される数値が高いこと、かつ室面積が狭い・天井が低い・扉が少ない等の傾向が強いため、排煙設備を増設したとしてもクリアできないことが多いです。
■病院・児童福祉施設

評価:- (避難安全検証法は適用不可)

  • 自力で避難することが困難であると考えられる用途の場合は、検証法が適用できません。
■改修工事(参考)

評価:○ (有効)

メリット

  • 古い建物で元々排煙がとれていない建物や、天井を高くしたために自然排煙がとれない場合等、仕様規定を満たせない建物でも対応できる場合があります。

デメリット

  • 仕様規定で建てられた建物のままでは検証をクリアできないことが多いため、追加で改修が必要になることがあります。

参考事例

お悩み事例4

イズミシステム設計の避難安全検証コンサルティング内容はこちらから

避難安全検証ソフト

省エネルギー計算サポートソフトウェア

株式会社イズミシステム設計

株式会社イズミシステム設計

pagetop

  • 見積依頼
  • 無料相談
  • 出張説明サービス
Copyright© Izumi System Planning, Inc